知っておくと日常生活で役に立つ!和食器についてのお役立ち情報をご紹介

和食器は日本人が普段の生活で何気なく使っていることが多いのですが、その形や色には様々な理由があり、また伝統があります。これらを知ることで日常生活が豊かになるばかりでなく、食事をする際に和食器を楽しむことができる知識を得ることができるので、非常に効果的なものとなります。 様々なお役立ち情報はいろいろなところで得ることができるので、日ごろからこれらの情報をチェックし毎日の食事を豊かにすることが良い方法となっています。

和食器は日本独自の食文化に合わせて作られた器

和食器は日本の食文化に対応する形で進化・展開してきました。たとえば大皿・小皿などと機能面で分類することができます。大皿にもった料理を、小皿にとって各自にとりわけるという食事が目に見えるようです。和食器のなかで共通して観察される傾向に、小皿や中皿などは手に取りやすくなっているという形状があります。これはとりわけたおかずは、さらごと手に取って、箸を使って口に運ぶという食文化につながります。洋食器ではナイフとフォークの使用を前提にしているので、器のもちやすさには焦点があたることがないわけです。 和食器はしばしば美術品として珍重され、高く評価されることもあります。高級料亭の懐石料理ではひし形や四角形など珍しい形状と、深みのある色合いで味わいだけでなく見た目でも観賞できるほどの高級品が供されることもあるほどです。伝統的な花鳥風月や四季の移ろいなどを素材にした、名工の手になるものもあります。和食器は実用性と審美性の両面で魅力を放つ日本独自の工芸品といえます。

和食器のサイズは一般的に尺貫法で表される

日本の伝統的な食器は、日本の伝統的な計量法である尺貫法での基準に従ってサイズが規定されることが一般的です。主に長さや重さを表す単位が含まれ、和食器の大きさや容量を示すためにも使用されます。 一般的な和食器のサイズは、標準的な寸法に従っていて、例えば、食事用のご飯茶碗は一合として知られており、米を一合炊くのに使われる容器の大きさを示しています。また、椀やお椀の大きさも、尺貫法の基準によって定められています。 こうした計量法は、日本の伝統的な文化や食事習慣と密接に関連しているのが特徴で、料理の盛り付けや食器の使い方は食器の大きさや形状に合わせて考えられており、それぞれの食器が特定の料理や食材に最適化されているのです。 和食器のサイズがこのように表されることは、日本の伝統を尊重して食文化を体現する上で重要な要素です。そのため、和食を楽しむ際には、それぞれに特徴や大きさ、形状の異なる和食器の使い方やサイズ感を理解することが大切になります。

和食器の形は用途や料理によって異なる

和食器の形は用途によって大きく異なります。例えば肉じゃがを入れるためには、小さくて深さがあるものが必要です。一方で焼き魚を提供する場合には平らなプレート状でなければいけません。もちろん厳格な決まりがあるわけではありませんが、食べやすくて料理が美味しそうに見えることが大事です。 さらに料理によっても和食器の形は異なりますが、最もわかりやすい例は茶碗蒸しです。茶碗蒸しは、卵液を蒸して作るので深さがないといけません。その上蓋がついている必要もありますから、独特の形状です。 このように料理や用途に合わせた和食器を使うことは、見た目にも良く、食べることも容易になります。機能性だけを考えると言う意味ではありません。好みや季節に合わせた器を使うことで、食事が一層楽しくなるので、良い選択が必要になります。特別な時にだけ使う高価な食器を持っているかもしれません。それを使うだけで、華やかになることがあります。会話も盛り上がることでしょう。

和食器の素材は陶器と磁器に大別される

和食器の素材は、主に陶器と磁器に大別することが可能です。この2つはいずれも土を焼いて作る和食器の総称ですが、その性質や特徴には大きな違いがあります。まず一つ目の違いは素地です。陶器は粘土を使って作りますが、磁器は陶石や磁土と呼ばれる白い粉末を使って作ります。陶石や磁土は粘土よりも細かく、緻密な素地になります。また、二つ目の違いとして挙げられるのが、焼成温度です。陶器は800℃~1300℃の低温で焼きますが、磁器は1200℃~1400℃の高温で焼きます。高温で焼くことで、素地はガラス質に変化し透明感や強度が増します。さらに、三つ目の違いは釉薬です。陶器は素地が多孔質で水分を吸収しやすいので、釉薬をかけて防水性や耐久性を高めます。釉薬は色や模様を付ける役割もあります。これに対し、磁器は素地が非多孔質で水分を吸収しないので釉薬をかけなくても使えるというのが特徴です。しかし、磁器にも釉薬をかけることで、白さや光沢を際立たせたり青磁や赤絵などの装飾を施したりします。

自分の理想の食卓を演出できるというのが和食器の魅力

欧米の食器は伝統的なデザインや様式が重視され、それぞれの食器に合わせてテーブルマナーが発達してきた歴史がある一方で、和食器の場合は生活に根差したデザインで、使い勝手の良さを重視して作られてきた歴史があるところに大きな違いがあります。生産地によって調達できる原材料や染料などに違いはあるものの、特に製法や工法に制限はなく、自由な発想で作ることができます。その証拠に同一の作家やメーカーの商品であっても、全く異なるコンセプトのラインが存在しています。そんな和食器は、自分の理想の食卓を演出したい方にとっては打って付けです。機能性で選ぶこともデザインで選ぶことも可能で、食卓を彩りながらおいしく食事をいただくことができます。景色や動植物など季節感のあるデザインの商品も多く、旬の食材を使用した料理との相乗効果でお腹も心も一杯になると評判です。これこそが和食器が持つ最大の魅力で、国内外から多くの支持を集めている理由です。

和食器には重くて割れやすいという注意点がある

和食器の重さは素材や形状、大きさなどによって異なりますが、一般的には洋食器よりも重い傾向があります。これは、日本の食文化に合わせて手に持って食べることを想定して作られているためです。手に持つことで食べ物の温度や重量・質感などを感じることができるだけでなく、安定感や高級感などを与えることもできます。しかし、和食器の重さには、デメリットもあります。例えば、食器棚やテーブルにかかる負担が大きくなり、特に重ねて収納する場合は食器同士の摩擦や衝撃によって傷や欠けが発生するかもしれません。また、海外への発送や持ち運びが困難になるというのも注意点です。重い食器は送料や手数料が高くなったり、梱包や保管に工夫が必要になったりします。もっとも、和食器の割れやすさにはメリットもあります。例えば、割れやすい食器は熱しやすく冷めにくいという特徴があります。多孔質であることが多く空気を含んでいるためです。空気は、熱の伝導率が低いので、食器の内側と外側の温度差を保つことができます。そのため、割れやすい食器は、温かい料理や飲み物を長く温かく保つことが可能なのです。

和食器の手入れ方法は素材や仕様によって異なる

和食器はとても丈夫で長持ちする良いメリットがある一方、綺麗な形や姿をいつまでも保っていくためには手入れ方法を丁寧に行わないといけないところが少々厄介です。 特に素材や仕様によって手入れ方法が異なるため、それぞれの特徴や特性をよく理解した上で正しく使用していくようにしましょう。 特に気を付けたいことに関しては、和食器は漆を使用していることが多いため、強く擦り過ぎて色落ちが激しくなってしまわないようにスポンジを使用して優しく表面を洗うようにすることです。 また、表面がザラザラとしていて汚れがそこまで深く入り込むことは滅多にないので、洗剤を使用せずに湯洗い程度でも直ぐに綺麗になるので、わざわざ強力な食器用洗剤を使って表面にダメージを蓄積させる必要も全くありません。 これらのことに特に意識しながらお手入れしていくことを心掛ければいつまでも綺麗なまま使用することができるので、洗う際にはぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

和食器の収納方法は重ねて置くのが一般的

和食器の収納方法は、重ねておくのが一般的なものとなっています。洋食器の場合にはその形状が複雑であり、さらに傷がつき易いことから重ねて保管するとトラブルの原因となるため、専用の収納棚に立てて収納することが多いものですが、和食器の場合には傷がつきにくいものとなっており、また見た目の美しさや安定性を重視することから重ねることが一般的に行われています。 これは古くから日本の食器は丸みを帯びていることや、手に取って使い易い形状となっていることからそのサイズはほぼ均一であることが少なくありません。小さなものも多いことから、これらを重ねずに保管する事は非常に大きなスペースを必要とするものとなります。 洋食器の場合には平らなものが多いため、重ね易いと言う印象を持つことも多いのですが、本来洋食器の場合には手で持って食べる事はタブーとなっていることが多いため、比較的大きなものが主流となります。また平らで薄いことから、立てて保管する方がポピュラーです。

和食器の種類は産地や作家によってさまざま

和食器は産地や作家によって異なるデザインや特徴を持っていることや、日本の伝統的な工芸品であり地域ごとや作家ごとに独自のスタイルや技術が反映されています。 瀬戸焼は愛知県の瀬戸市を中心に生産されている陶磁器で、日本最古の陶磁器のひとつです。シンプルで実用的なデザインが特徴であり、日常に使う食卓に適しているのが特徴といえます。信楽焼は滋賀県信楽町で作られていて、主に茶器や花器として知られていることや、粘土の質感を生かした風合いや特有の斑模様が特徴です。 有田焼は佐賀県有田町で生産される陶磁器で、日本で最も歴史のある焼き物の一つになります。磁器の代表的な産地であり、上品で美しい白磁が特徴です。 志野焼は主に茨城県で生産されていて、茶碗や急須などがあります。焼き物の中でも独特の風合いがあり、茶道具としても重要視されています。作家の陶芸品では種類が豊富なのは、ひとつひとつの作品も和食器の中で重要な位置を占めているからです。

和食器 通販に関する情報サイト
素敵な和食器

このサイトでは、知っておくと日常生活で役に立つ和食器についてのお役立ち情報を多数紹介しています。普段何気なく目にしているものですが、それぞれに良い特徴がありまた様々な理由があることを知ることができ、興味深く使うことができるものとなります。特に、この食器に施されることが多い模様や、選び方についてのポイントを詳細に解説しており、これらを知ることで毎日の使い方が楽しくなるものとなっているのがポイントです。

Search